産業医の募集も今は求人サイトで得るようにしましょう

求人自体は沢山あります

昔からしっかりと産業医、というのを抱えている企業があります。実は法律的に一定以上の規模のところには義務になっています。その法律とは労働安全衛生法なのですが、これはそうした法律がある、と言う程度の認識でよいでしょう。肝心の産業医の募集ですが、色々と伝手を使うことができるならばそれがベストです。では、そうした伝手がないのであればどうするのか、といいますと求人サイトに求人を出しましょう。それが今ではお勧めできます。

求人サイトでの条件について

医者の求人のみを集めている求人サイトがあります。当然、産業医、という項目もありますから、探している、つまりは応募する側であればそうした所を覗いて見ると良いでしょう。細かい条件が書いてありますから、見る価値は十分にあるでしょう。問題となることは採用されるのか、ということと更に細かい条件についてしっかりと話し合うことができるのか、という点になります。これを怠らないようにしましょう。折角なのですから、キチンと話し合うことです。

産業医の仕事について

医者であれば理解しているでしょうが、産業医とは要するにその職場にいる労働者たちの健康管理、診断をするのが仕事になります。当たり前ですが医者ですから、やっていることは普通に医療行為になるわけです。細かい規定があるのですが、やること自体は普通の医者と同じですが、労働環境における問題点が医療的な部分であるのであれば改善を求める必要があります。要するに労働者側の医者、ということになりますから、立場的には従業員の頼もしい味方となるでしょう。

産業医の募集の取り組みに注目をするうえで、各自の実務経験や将来の進路を確認することが課題として挙げられます。