気を付けるべき介護をする時のポイントとは?

介護職員として働くときには常に不測の事態を考える

ショートステイや老人介護福祉施設に就職してこれから働く方は、そこでは注意しなければならない事もあります。まず大切な事は、不測の事態を考えて行動するということです。特に認知症対応型の老人ホームや特別養護老人ホームなどで働かれる方は、介護する方が認知症を持っていますので、ちょっとした気の緩みが事故へと繋がってきます。トイレ介助をする時にも、目を離した隙に高齢者がトイレットペーパーを口に入れたりする事もあり、危険が周りに無いか確認して介助をや介護をすることが大切になります。

介護を受ける側の気持ちも考える

また、その他に大切なことは介護を受ける側の気持ちも考えて介護をするということです。介護を受ける側の高齢者さんは「人」ですので、介護をする時に仏頂面で介護をするのはNGとなってきます。基本は笑顔で高齢者が安心して介護を受けられるようにコミュニケーションをはかりながら行うことが大切です。また、そのように笑顔で良いコミュニケーションをはかることができれば、介護をする時の事故なども防ぐことが出来ます。介護を受ける側の気持ちも考え、相手が気持よく介護や介助サービスが受けられるようにしましょう。

職員同士の会話にも要注意

その他職員同士の会話にも気を付けなければなりません。こちらも高齢者の気持ちに関係することであり、職員が介護をしている高齢者の陰口を聞かれてしまうと高齢者も安らかな気持ちでそこで生活できなくなってしまいます。特に高齢者の介護福祉施設の場合は、高齢者が事故などをいち早く知ることが出来るように、フロアや居室の音が聞こえやすい構造になっている所も多いです。なので、職員同士の会話をする時にも、常に高齢者に対しての配慮は欠かせないです。

介護の派遣は、勤務時間がしっかりと決まっているので、とても働きやすくなっています。人材不足が続く介護業界において、派遣として介護業界で働く方も増えています。