憧れのアルバイト、あなたはどう選びますか?

その時によって変わる、働く条件

大学生になったらアルバイトを始めよう、と思っている人も多いと思います。また、大学は卒業したけれどやりたいこともあるし、しばらく就職はしないでアルバイトをやっていこう、という人もいるでしょう。その時に、自分がどのような立場に置かれているかによって、当然ながらアルバイトでも、働くにあたっての条件は変わってきます。仕事の内容、場所、お給料、勤務時間、期間など、基本的なところは変わりませんが、どれを重視するかは特に、人によって大きく異なるのが現状です。

学生・フリーター、それぞれにおすすめのアルバイト

学生は、何と言っても「学業優先」です。アルバイトに夢中になって落第、なんてことがあってはいけません。一方、フリーターさんも自分のやりたいことがあるならば、単にアルバイトでお金を稼ぐだけではなく、自分の時間を確保できなければ意味がありません。学生さんにおすすめしたいのは、自分が通っている大学の中で出来る、もしくは大学で紹介してもらえる、アルバイトです。大学の中でするアルバイトなら、無理なシフトを強いられることもありません、紹介してもらえるところであれば、万が一トラブルがあっても大学に相談することが出来ます。また、専門学校生であれば、自分が学んでいる分野を活かせるアルバイト先、例えば、美容院や整骨院などを選ぶのもいいかと思います。そしてフリーターさんには、出来ればシフト制かつ、昼間のアルバイトをおすすめします。時給が高いから夜の仕事の方がいいという方もいるかもしれませんが、自分の夢に向かって勉強したい、お金を貯めたいということであれば、やはりシフト制は時間がある程度確保できるし、昼間の仕事の方がリスクは少なくて済みます。

アルバイトで気を付けたいこと

最後に、アルバイトをするにあたり気を付けたいことについて触れておきます。学校から注意喚起されることもありますし、国も呼びかけを強めていますが、まず、「働き始めたらなんだか最初と話が違う」ところはさっさと辞めるべき、です。給料が安かった、勤務時間が違った、など、明らかに最初に掲示された条件と異なる場合は即アウトです。何かおかしいなあと感じたら、自分が傷つかないうちにさっさと辞める方が得です。人が足りないから辞められないと思うかもしれませんが、それは全面的に雇う側の責任です。あまりにもひどい場合は訴えることも出来ます。我慢しないようにしましょう。そして、これは働く側の意識の問題ですが、アルバイトといえども仕事は仕事です。特にフリーターさんの場合、学校という組織に属しているわけでもないので、授業がサークルがと言い訳に出来る事柄も少ないです。アルバイトでも、最初から自分に合った仕事が見つかるとは限りません。が、例え自分のスタイルに合わなくて辞めたいと思っても、労働環境そのものが劣悪でない限り、辞めることをきちんと伝えなければなりません。トラブルは、自分でもきちんと防ぐよう心がけましょう。

接客の求人内容では勤務する時間帯や経験年数に応じて、時間給をアップしてくれるのでやりがいがあります。