どっちがいい?求人誌と求人サイトどっちで仕事を見つけるか

どちらも簡単に見れるが・・

仕事を見つける上で求人情報をかくにんするのは当然のことですが、求人誌と求人サイトは載っている案件も違いますので、どっちを見ればいいのか迷ったりするものですよね。求人誌は近くのコンビニ行けば、無料で持って帰ることが出来ますし、求人サイトはスマホをネットにつなげば気軽にアクセスできるなど両者共に気軽に確認することはできるのですが。結局のところどっちを見れば納得のいく求人が見つかるのか、調べてみました。

近郊で働くなら求人誌

近くで働きたいなら、求人誌の情報を見るといいでしょう。求人誌は近くのエリアの求人を重点的にまとめている内容になっていますので、「あまり遠くに行かずに、自転車で気軽に行ける距離がいい」という人にとっては載っている求人のほぼ全てが希望に合致するため、求人誌を調べるほうが効率的というわけです。希望する案件を見つけたら、早速電話をして採用担当者にアポイントメントをとり、今後の面接の日程を取り付けましょう。

条件を重視するなら求人サイト

求人サイトは全国各地の求人をまとめているのが特徴です。案件数はとんでもないことになっているので絞込みの検索も一苦労ですが、全てのエリアの求人があるので、金銭面を重視する人にとっては様々な選択肢があるといえるでしょう。「何回か乗換えをして、時間がかかっても高収入の仕事がしたい」と言う方は、求人サイトで希望の案件を絞り込んでいくといいです。見つけられたら、メールフォームでアポントメントをとりましょう。

プラントの求人は件数が多いという特徴があります。求人サイトを閲覧する時は、希望の給与や労働形態を明確にすれば、すぐに見つかります。